保険薬局とは

調剤薬局には、「ただの調剤薬局」と「保険薬局」とが存在します。どちらもお薬を調剤しお渡しするのは変わりませんが、保険薬局では健康保険を適用した調剤を行うことができます。つまり、保険制度を適用することができる調剤薬局が、保険薬局と呼ばれるのです。また、この保険薬局に常駐する薬剤師も、その資格を持った「保険薬剤師」となります。保険制度を適用することによって、患者は病院と同じく自己負担額が三割となるため、保険薬局は患者側の負担が減るというメリットがあります。



では、普段多くの人が利用している薬局は、どちらに当てはまるのでしょうか。多くの人は通常、健康保険証を提示して、保険制度を適用した医療を受けています。病院で医師の診療後に処方箋をもらい、調剤薬局へとお薬を受け取りに行きますが、この際に保険制度が適用できない薬局へわざわざ足を運ぶ人は、なかなかいないでしょう。そうなると、調剤薬局は自然と保険制度を適用することができる薬局へならざるを得ません。そうしないと、患者が足を運ばないからです。つまり、患者であるみなさんが普段足を運んでいる薬局は、何か理由がない限りほとんどが保険薬局であるということになります。

福岡県庁ホームページ 一般用医薬品のリスク区分について

医薬分業が進んだことによって、病院のすぐそばに薬局が開かれ、これらは上記の理由からほぼ間違いなく保険薬局となります。それと同時に、従来からの薬局も保険制度を受けられるようにし、保険を適用した調剤が行えるようになってきています。これによって患者は病院近隣の薬局だけでなく、自分にとって都合のいい場所にある薬局で保険調剤を行ってもらうことができ、更に利便性が良くなりました。これが、医薬分業による大きなメリットであることは間違いないでしょう。

郵便等販売

こうしてみると、調剤薬局と一言で表しても様々な内面があり、医療制度が発展していくうえで、従事者だけでなく患者側もまた、しっかりとした知識を持つ必要があるのではないでしょうか。医療というものは誰もが受ける権利があり、また、受ける機会が必ずあるものです。その医療についてどのような制度があり、どのような仕組みでどのような処置を受けられるのか、一人一人が医療に関心を持つべきなのかもしれません。